駿府芸能保存会連合会 トップページ イベント 木遣 お囃子 地踊り アルバム

静岡浅間神社祭礼囃子保存会 静岡勇会

昭和三年に発足し、本年で89年になります。(2017年現在)
廿日会祭では山車の上でお囃子、面踊りを子供たちと共に楽しんで行っています。また この「祭り囃子」は5曲の囃子があり、この5曲取り入れて獅子舞の曲にし、「寿獅子舞」が生まれました。
浅間神社 伊荷麻神社、新年の奉納、幼稚園、小学校、その他、結婚式等の祝いの場で寿獅子舞を行っています。お囃子、面踊り、獅子舞に興味のある方、または入会したい方は連絡をお願いします。

歴史

大正時代の頃 囃子の連中と茶番劇をやる連中が集まり、勇連を作り、その後 昭和三年 昭和天皇御大典の折り奉祝を申し上げ、勇連より静岡勇会として結成しました。
囃子は15代将軍慶喜公が駿府の街に入府された折、その側用人の中川儀介が江戸囃子を伝え、その囃子を静岡の祭ばやしとして継承してきました。
勇会はこの祭りばやしと獅子舞を保存、継承し、郷土の芸能として今日に至っています。

練習日 毎月第2水曜日 PM7:00~
練習会場 末広中学校体育館
連絡先 漆畑
054-254-3741